ボードゲームは楽しい!モノポリー

ボードゲーム部のトラジャです。

ボードゲームといえばモノポリーというほど、世界中で愛されているボードゲームです。

今日はその英語バージョン(パッケージが)の紹介です。

英語バージョンといっても、TOMYから発売されています。

中身も、日本語です(笑)

内容は、世界中でプレイされているスタンダード版です。

 

なぜか、盤面は2バージョンも持っていて(入手経路不明)微妙に表記が違います。

相当古いです。

2枚を並べてみました。

 

右がこのパッケージに入っていたものです。

左側がすこーしデザインも古いですね。

簡単なルール説明

プレイヤー:2~8人

所要時間:1~3時間くらい?

ゲームの目的:『巧みな交渉と機転の効いた判断と少々の運を駆使して、
資産を増やし、他のプレーヤーを
すべて破産に追い込むこと、
また、自分が他のプレーヤーより先に
破産しないよう努めること』

遊び方

プレイヤーはさいころ2個を振って出た目の数だけ時計回りに進みます。

止まったマスの土地を買うことができます。

ボーナスマスでは電力会社や鉄道会社などを買うことができます。

止まったマスが、すでに他のプレイヤーに買われている場合は、その土地の権利書にある額の支払いをしなければなりません。

エリアの買い占めをすると、評価額が上がったり、建物をバージョンアップすることができます。

チャンスマスと、共同基金のマスに止まったら、それぞれ、カードの山から1枚ひき、カードに従います。

1周して、GOのマス目を通過すると給料がもらえます。

ゲームの終了は『モノポリー勝ち』をするか、制限時間が来た時です。

勝敗の付け方:『モノポリー勝ち』もしくは総資産額の一番多い人になります。

『モノポリー勝ち』とは?

プレイヤーのうち、一人以外のプレイヤーが破産することです。

いろんなバージョンのあるモノポリー

うちのボードゲームストックを探っていたら、このほかに2バージョンのモノポリーがありました。

 

TOMYから発売されています。

表面も日本語表記です。土地が日本の地名です。1988年発売。

 

↓ウルトラマンバージョンです。

こちらは比較的新しく2004年に発売されています。

この二つも追々紹介したいですね。

 

どのくらいのバージョンがあるんだろうな、なんて調べてみたら800くらいあるようで・・・。

モノポリーをすべて紹介してらっしゃるHPがあるので探してみてみるのも楽しいですよ。

 

トラジャでした(´∀`*)