Z会でもチャレンジタッチでもないタブレット学習?小学生の算数を伸ばすなら「RISU算数」【比較してみた】

 

「RISU算数」って知ってますか?
タブレット学習の中でも算数に特化しているものです。
特徴は「どんどんできる!ぐんぐん伸びる!」

その内容は?
どんな子ならRISUにむいている?
お値段は?

こんなことを解説していきますね!

RISU算数が1週間お試しできる特典付き申し込みページはこちら

RISU算数をやってみたのはなぜ?

小学生をお持ちのご家庭なら、考えることもあるであろう、家庭学習。

最近は、紙ベースよりもタブレット学習が主流になってきています。

かくいううちでも小学4年生の娘が『スマイルゼミ』を受講中!

スマイルゼミについてはこちらを御覧ください。

【タブレット学習】スマイルゼミをおすすめする3つの理由【続く・楽しい・身につく】

スマイルゼミは勝手にやってくれるのですが、実際に成績がどうかと言われると、少し心配なところがあります。
それは、算数。

もちろん基本は十分に押さえられていて、復習もできてはいます。
しかし、中学受験をちょっとでも視野に入れていると、不安なんですねー。

え?中学受験するなら当然4年制の時点では塾スタートしてるでしょ?

こう言われると辛いのですが、いろいろな事情がありまして、娘はまだ通塾していません。

そんな中で4年生の間にやっておきたいことがたくさんあるのです。

その一つが算数。

ある程度の基礎問題は完璧に、応用問題までやってほしいんだけどなぁ、というのが願望です。

とはいえ、うちの娘はそこまで優秀か?

否。

どちらかというと心配なレベル。

応用問題とか「意味分かんない!!!」と怒りだすレベル。

そんな中、ひょんな事で知った「RISU算数」がなかなか良かったのです!

RISU算数とはなにか?

簡単にいうと、「無学年制でどんどん先取りできるスタイル」の算数です。

小学校のときに、「こんなの簡単なんだけど、いつまでやるのかなぁ?」と思ったことありませんか?

全員が理解できるまで次の単元にすすめません。
1コマの授業内で決められた学習を「全員で」受ける。

最近は小学校高学年になると「進度別学習」を取り入れてくる学校があることはありますが、
「できる」子にとって、こんな苦痛な授業はありません。

特に算数は、分かる子は問題を見ただけで答えが出るので、学校式の『筋道を立てて答えをじっくり考える』学習が仇になることもあるのです。

それは『さんすうはつまらない』という感覚。

「算数がわからない!」というのは、どこかで『つまらない・やりたくない』が刷り込まれているのではないか、と思うのです。
その感覚が、思考にストップを掛ける。

例えば、100ます計算。

100ます計算が駄目だ、というのではありません。

単純作業が苦痛な子がいる、ということ。
マス目を埋める「作業」で満足してしまう感覚。
計算が早くできたから「えらいね!」と言ってもいいの?

ちょっと意地悪な書き方になってしまったかもしれません。

さんすうって、クイズでしょ?

算数と数学の違いってなんだと思いますか?

正確なことはさておき、さんすうはクイズだ!というのが私の感覚です。

反対に、数学は、答えありきで突き詰めていくもの。

※あくまでも私の感覚です。

つまり何がいいたいかというと、さんすうは、楽しくクイズを解く感覚でどんどんやりたくなるのが本来の姿なのかな、と。

本来、算数は楽しいもの!

なぜ、さんすうは楽しかったのに、算数は楽しくなくなるのでしょうか?

私は、「単調な作業」がネックなのだと思います。

面白くなくなる瞬間がある。

「これが勉強だから。」

そう言われることで更に嫌になる。

この悪循環なんです。

どうして、うちの子は「塾の算数が楽しい」といったのか。

うちには兄が2人います。

ふたりともなんとなく中学受験をしたわけなんですが、ふたりとも、「塾が楽しい」といいました。

なぜでしょうか?

それは、「塾の算数はどんどん進んでいったから」

この裏には、『その子にちょうどいい進度で』が付きます。
塾では、成績でクラスがわけられているので、同じくらいの理解力の生徒が1クラスにまとめられていますね。

そうすることで、ちょっと加速しながら勉強することが出来、結果的に『楽しい』と。

この”ちょっと加速”の感覚って大事です。

自分はどんどん進んでいける!という感覚の中で楽しみながら問題を片っ端から解かしてくれ、更に実力がついていく。
この辺は塾のノウハウなのかな、とは思います。

RISUさんすうは『楽しいからどんどん問題をといてしまう』が用意されている

始めてみて気がついたのは、ゲームクリアの感覚がそこにある。ってこと。

ーそれなら、チャレンジタッチにもあるよ!

ーそれなら、スマイルゼミも同じようにどんどんやりたくなるよ!

もちろんです。

しかし、ここで注目してほしいのは、『算数だけ』だということ。

算数の問題だけ、どんどんやりたいとおもいます?????

「算数が得意!」とは言えない娘でもトントンと進めてしまうのはなぜ?

うちの娘(小4)はどちらかというと算数は苦手意識を持っていると思います。

本人は『ちゃんと出来てる!』といいますが、間違いを指摘することも多く、そのたびに癇癪を起こすので、ちょっと持て余していました。

できれば中学受験を視野に入れた学習を進めておきたい親としては、そのくらいで止まっていてほしくない。

でも、親が口をだすことに超絶拒否反応を起こすので、もう塾へいくしかないのか、と諦めかけていた頃でした。

ちなみに、何度もでてくる◆スマイルゼミ◆ですが、進み具合としては、ごく普通。
どちらかというと、学校の学習指導要綱に沿って進められているので、中学受験の勉強としては物足りないです。

実際、中学受験を視野に入れた通信教育なら、Z会 小学生向け講座 レベルでないと太刀打ち出来ないでしょう。

小学4年生ともなれば、Z会 小学生向け講座だと中学受験コースになるのですが、とっても難しい!!!!!!!

Z会は地頭の良いお子さんが一人で進めるか、親がつきっきりで解説必須だと思ってます・・・^^;

ちなみに、チャレンジにも発展コースがあります。こちらも4年生くらいまではとても良い教材。
副教材でテンション上がるお子さんはチャレンジ向き!

ちょっと脱線しました。

RISU算数のすごいところって中学受験用の算数がバリバリできるところ?!

RISU算数を始めてみると、開始学年にかかわらず、まず、実力診断テストを受けることになります。

そのテストをもとにスタートのレベルが決まります。

そうして、すごろくのマスを進めるように問題を解いていくのですが、この進め方がまたわかりやすい。

単元別に少しづつ難しくなっていくのはもちろんなのですが、その特徴として、いくつか問題を解くとチューターの解説動画を見ることができるのがちょっと面白いな、と思いました。

本の2,3分の短いものですが、『今終えた問題』についてコメントを見ることができます。

うちの娘はいまいち食いつきが悪いのですが、なかなかイケメンのお兄さんや可愛いお姉さんが解説・応援してくれるのはいいんじゃないかなぁ。

もちろん、クリア問題が増えたらご褒美が用意されているよ!

スマイルゼミではご褒美はミニゲームでした!

では。RISUのご褒美は何でしょうか?!

なんと

スペシャル問題に挑戦できる!

んです!!

ええーーーー!!!←母の心の声!

娘の反応は・・・?

スペシャル問題おもしろーい!!

ええーーーっっ!!

そうなんだ・・・。

・・・。

・・・。。

・・・。。。

!!!

そうなんです。わたし気付いちゃいました。

小学校時代の算数で、「算数嫌い」が身にしみてるからこの発想になるんです。

そういうのがない、うちの子たちは、純粋に

算数問題どんどん解くの超たのしーーー!!!

なんです。

そう。

「良問」と呼ばれる問題に日々触れていると、算数ってめっちゃ面白いとしか思わないらしいのです。

いいなぁ。

RISU算数が1週間お試しできる特典付き申し込みページはこちら

どんどん問題といちゃうとどうなるの?

そんなにRISU楽しいのかー。
と思ったときに感じた疑問があります。

そんなにどんどん解いて問題なくならないの?
10000問以上用意されているので解く問題がなくなることはありません!
どんどんレベル上げちゃって上がりきっちゃったらどうなるの?
小学生の問題を終えたあとは、中学受験算数のコースがあります。
そんなにどんどん解いちゃっても値段は一定?
基本料金は決まっています。それよりも早い進度で進んでいる場合、その進み具合により最大で8980円になります。
(最大になるのは2.3倍速で進む場合です。)

ちょっと算数苦手?な小4はどのくらいのスピードで進んでいるのか?

うちの娘は、スマイルゼミも併用していることもあり、RISUの進度はそこまで早くはありません。
しかし、スマイルゼミだとちょいちょいって終わってしまうのに対し、RISU算数はじっくり取り組んでいる様子です。

そして、スペシャル問題は、さらにじっくりやらないと解けないそう。
ただ、解けたあとはすごく満足度が高いようです!

RISU算数が1週間お試しできる特典付き申し込みページはこちら

まとめ

RISU算数は算数を楽しみながら実力をつけたいという子にぴったりです。
特に、うちのように、『もしかしたら中学受験するかも?』と考えているならやっておいて損はないです。

小学校の算数は勉強でも生活でも基本の知識であり、ここがしっかりできていると間違いなく他の教科も成績は上がっていくのです。

もし気になったら一度公式サイトを見てみてくださいね!

検索で探してみてもらってもいいのですが、そちらからだとお試しできないのです。
↓↓こちらの公式の特別ページ1週間お試しができる特別な申し込みページです。
実際に触ってみるのが一番実感できます!!
お試し期間中は料金が発生しませんのでこの機会にぜひお試ししてみてください!

RISU算数が1週間お試しできる特典付き申し込みページはこちら

トラジャでした(ΦωΦ)/