10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方・書評

算数が好きとか算数が嫌いとかってどこで決まるんでしょうか。
うちは子供が三人。
現在、大1♂・中2♂・小5♀の三人です。
そして3人とも中学受験済+挑戦中です。
何度かブログでも触れていますが、中学受験は算数がいのちです。
算数できないとどこにも受かりません。
逆に言うと、算数さえ抜群にできれば、それだけで受験できたりします。
私も中学受験生の親をやってみて初めて知りました。
数学1科受験というのがあるんです。

塾でも算数が大事、と言われていて、算数を得意にするにはどうするか、というのが、めちゃめちゃ課題でした。

兄1のときには右も左も中学受験が何なのかすらわからない状態でのスタート。
そして6年生からの通塾でした。
そこまでほぼ受験勉強せずでしたが、入った塾が結構な詰め込み塾+拘束時間の長い塾だったので、がっしがしにやらせてくれて、しかも小6という時期がハマったのか、算数・理科がみるみるうちに成績を上げました。
それは、とにかく「たのしいたのしい!!!」この気持ちだけでぐんぐん進んでいきました。
それまで、算数に関しては、教えることもできず、本人は小学校の勉強がつまらなかったようで。
塾で教えてもらうことがとにかく楽しかった。
小6だったので、次から次から詰め込みました。
そのスピード感もあっていたよう。
じっくりタイプではなかったがゆえの嬉しい誤算。
結果は第一志望校に合格。その他2校も合格をいただきました。

そして次男。
兄1の教訓は始める時期が遅かった、ということ。
国語・社会は捨ててましたから、そこもちゃんと入れていこう!ということでそれでも5年から。
次男は剣道を習っていたので、その兼ね合いもあったんです。
同じ塾でスタート。
やはり、算数には積極的に取り組むことができました。
楽しい!
同じ感想を持っていました。
かなり難しい問題でもスラスラ解くのを見て、小学生ってすごいんだな、と思ったものです。
それも、やはり苦手意識がなかったから。
それどころか、楽しい!!!しかなかったです。
塾から帰ってきては難しかった問題を兄に出して、速攻答えられて悔しがる様子は見ていて微笑ましかったです。
(私は全く解けませんでした。)
そんな次男は、第一志望(兄と同じ学校)とチャレンジ校に合格し、チャレンジ校の方に通っています。

そして、同じ学校を受験して、息子たちよりも圧倒的に学校の成績も良い子達が不合格をもらったと聞き、そのお母さんとおは足をしていた時に気がついたことがあります。

皆が、不合格だった理由をこう言いました。
「算数が、全く解けなかった。」
聞いてみると、苦手意識を持っていたり、得意でない部分からスピードを上げることができなかったりしたようでした。

同じ同級生でも算数が得意だった子は皆受かっていました。

差がつくんだな、と感じた部分です。

では、算数苦手と感じてしまうのはなぜなのでしょうか。
自分を振り返ってみると、算数は得意でした。
特に文章題が好きでした。

数学になってから苦手意識が強くなった気がします。

嫌いではなかった。

でも??

疑問が残ります。
というのは、子どものたちの問題を一緒に説いていて感じたのですが、概念がちゃんと入っていないのです。

「掛け算は、面積なんだよ。」・・・えっ?
「分数はケーキ(ピザ)で考えるんだよ」・・・はっ?
「鶴亀算ってしってる?」・・・なにそれ?
「旅人算ってできる?」・・・旅行するの?

もう、????の連続です。
小学校でなに習ってたんでしょうね(笑)

10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方を読む

この本はこのブログでもよく紹介しているRISU算数の会社の代表取締役CEO 今木智隆さんが書いた本です。

RISU算数の良さは、そっちの記事を読んでもらうことにして、この本を読んだ感想を書きます。

【新学年に変わる前に!】『さんすうきらい』から『さんすう面白い!』に変わる!RISU算数の凄さ【※Amazonキャンペーン付き】

それは、算数好きじゃなかったな、という親御さんは読むべき!ということに付きます。

なぜ、こどもが算数嫌いになるのか。
それは、お母さん、お父さんもかもしれませんが、子どもに対してかける言葉のせいです。

何がどうだめなのかは本を読んでもらうほうが詳しく論理的に書いてあるのでそちらを見てください。

本の中では、具体的に小1〜小6までの問題を例になぜ7日が詳しく書いてあります。
その例題も、親もやることが大事!!

こどもにたいしてなんでこんなもんだいもできないの??

なんて言ったことがある人は大いに反省して読むとよい!!

で。

私が一番参考になったのは、小学校の算数というものがどういうふうに組み立てられていて、教えられているのか、ということです。

これを学校の話を聞いたところで、小学校のカリキュラムを学年ごとに見ただけで理解できるわけがない。

うちは3人目ですが、この本読んで初めてこんな仕組みで教えられていたのか、と驚愕しました。

なぜ驚愕したのかというと、高学年になって、算数で躓いてしまったとき、戻るべきは・・・という部分です。
そんなことは知らなかった。
確かに、低学年の算数に戻ると良い、ということは知っていました。
しかし、低学年のどこに戻ればいいのか、よくわからなかったし、それをこどもに言ったとして、やらせたとして、なぜそこに戻るのかを理解していなければ、単なる時間の浪費になってしまうのです。

ちゃんと躓きに対応する部分のカリキュラムがあって、ピンポイントで戻ることができる。
それを本の中で紹介されている例題を使えば目に見えて分かり、無駄なく対応できる。
これってすごいことだと思うのです。

塾の先生はそれを出来るかもしれません。
でも、中学受験しないお子さんの場合、塾に行くのは多くは中学にはいってからですよね?

そこでは遅い。
そして、もう時間がない。

今の中学生は忙しいです。
つまづいたからって小学校のカリキュラムに戻っている余裕はないんです。(本当はそこをクリアしなけれは高校になってもにがてなままになってしまいます。)

だから、おこさんが小学生のうちにこの本を読んでみるといい。
目からうろこ落ちますよ。

小5の中学受験は問題山積み

さて、うちの今の問題は小5の娘です。
なぜ問題か。

それは男子と女子の差があるからです。
男子はちょっとした刺激があれば、算数に夢中になります。
どんどん解けるパスルのようにバリバリ算数をこなしていくのは得意なんですね。
だから、ちょうどいい問題を与え続けてあげればぐんぐん伸びる。
問題は女子です。
もうこれは恐怖でしかなかったんです。
おっとり、ゆっくり育ててしまった娘。
競争心もない、文字を読むのも超絶遅い、社会大っきらい。
不安しかなかった。
男子は瞬発力でなんとかなる!女子は時間がかかる。
それをなにかで読んで知っていたので、早め早めに色々と提示してみたのにも関わらず、おっとり。ゆっくり。のんびり。
私は内心焦りまくりです。
本来なら4年生から塾へ通わせたかったのだけど事情があり小5スタート。やっぱり伸びません。ゆっくりすぎる!!
うーん。困りましたね。
算数に苦手意識はそんなにないのですが、難しい問題になると止まってしまう。
本当にどうしたらいいんだ、と。

まぁなるようにしかならないんですけどね。
算数が嫌だーと言い始めたら、この本で習った方法で算数好きに誘導しようと思います!!

トラジャでした〜(ΦωΦ)

RISU算数が1週間お試しできる特典付き申し込みページはこちら