【新学年に変わる前に!】『さんすうきらい』から『さんすう面白い!』に変わる!RISU算数の凄さ【※Amazonキャンペーン付き】

おかあさん、あなたは算数好きでしたか?

トラジャ

私は、さんすうは大好きでした。
でも、数学は大っきらいでした。

それって、なんで?

小学校算数への向き合い方が、その後の数学の苦手意識へつながるわけ。

小学校の算数は、ぶっちゃけ国語力でなんとかなります。

問題文をしっかり読むことさえできれば、答えを出していくのはそんなに難しいことじゃないのです。

しかし、数学はそうは行きません。何度も何度も反復練習。
これしか、大学受験に太刀打ちできる数学力を身につける方法はない。

『小学校の算数は簡単だったよねー。』

こういう人ほど、数学に苦手意識を持つのです(※トラジャ調査による)。

なぜでしょうか?

算数が、日常とリンクしていてちゃんと答えが出るのに対して、
数学は、日常とはかけ離れていて、プロセスに価値があり、答えも抽象的になるから。

もう別物って感じですよね。

じゃあ、さんすうって意味ないの?

あなた

答えは『いいえ』それどころか、チョー大事です!!

なのに、私の小学生時代の算数の勉強がなんてしょぼいものだったことか!
当時の授業での算数はちょろかったですもん。

そりゃそうですよね。
必要最低限の算数だったんですから。

簡単だ、と思うのも当然だし、そうあるべきだし。
しかし、なめてかかっていた故に、基礎計算力は疎かになっていました。
小学校レベルでの、応用問題も、ほとんどやっていないのです。

つるかめ算?旅人算??
はっ?なにそれ??ってなもんです。
(多分、文章題としてはちょこっとやっているはず…多分^^;)

トラジャ

そりゃあ数学苦手になるわな

中学受験の経験から得た『算数得意!』になるコツ

私は3人の子の母です。
兄2人は中学受験済み、娘は現在格闘中です。
ちなみにですが、結果はこんな感じ。

大学1年生の兄→公立中高一貫校
中学2年生の弟→私立中高一貫校
小学5年生の妹→現在受験勉強中
(※2019年9月現在)

中学受験を見守る日々を通して、感じていることがあります。

うちのこどもは3人共、『算数が得意!』と言い切っています。
低学年では『ふつー:)』だったのに『面白い!』に変わったのはなぜだと思いますか?

中学受験用の勉強がドハマリした

私自身は、田舎の公立小学校のゆるゆる算数→数学からっきしダメ!です。
(さんすうだって、実はあやしい…子にはないしょですが。)

そんな母から見たら、中学受験の算数はもう宇宙レベルの別物でした。
とんでもなく難しい!!
『教えて』と言われても『無理!』と答えてました。

しかしそんな算数、兄2人は『面白い、面白い』とばりばりにこなしていました。
↑↑↑不思議すぎます・・・。

そして、妹・小学5年生。

これが、算数苦手!!から現在格闘中。
なんとか、算数好き!くらいにまで成長しました。

兄達に、いつから算数得意って思うようになったの?好きになったのっていつ?と聞くと、
これが不思議なのですが、兄二人は塾で算数の問題を解けば解くほど好きになっていったそう。

『なぜ???』

その理由、最近分かりました。

それは『問題を解く→答えが出る→正解する』これがある時から快感に変わったから。

ある時それは・・・より難しい問題をより早く回答できた時です。

塾のクラスで得た快感というもの大きいかもしれません。
小学生男子はある意味単純ですね。

ある瞬間からぐんぐん伸びていきました。

つまり、脳みそが『楽しい(快感)』と感じちゃえば、
『算数楽しい!オレ算数得意!』に置き換わるのですね。

そして『めっちゃ難しい問題を解けた俺スゲー!』←男子には超大事!!

そのまま突っ走ってくれ!!母は心のなかで祈り、受験を無事に終えることができたのです。(その後は…!^^;)

手強いのは女子…!苦手意識はそう簡単に覆せない。

単純な計算すらうまくできなかった娘は、4年生でドツボにハマります。

それは、2桁の足し算引き算と、掛け算(九九)を放置していたことで起こりました。
3桁の足し算引き算に手間取る、割り算の意味がわからない、2桁3桁の掛け算ができない…。

その上、今更基礎からやり直そう、なんてプライドが許さないわけです。

小学校で持って返ってくる算数のテストも、7割程度。
小学校のテストは、しっかり授業を聞いていれば100点取れるはず!

『これはヤバイ!!!!』と強烈に感じたのです。

兄二人が中学受験したこともあり、娘自身も中学受験するものだと思っています。

しかし、このままでは無理…。
算数できないって、戦えないのと同じです。

そんなときに知ったのがRISU算数

試してみてびっくりしました。『私がやりたい・・・!!』

もともとゲーム大好きなので、ゲームの攻略みたいに進めていける作りになっているのが、もうめちゃくちゃ楽しそう!!

絶対貸してくれませんでしたが、覗いているとサクサク進めているではないですか。

その頃、同時期にスマイルゼミを使っての学習はしていたのですが、どちらかというとミニゲーム目当て。
あまり身になっていないなぁという印象を持っていました。

そんな中、RISU算数は画期的!!

算数だけに特化していることもですが、問題がバラエティに飛んでいて、塾での学習と遜色ないレベルでの算数を提供してくれました。

☆新学期応援キャンペーン中☆RISU公式ページはこちら

新学年から、中学受験勉強を始めようと思っているお母さんへ!

中学受験は新学年が2月スタートですよね?

もしも今あなたのお子さんが3年生、あるいは4年生で、中学受験を考えているなら…。
新学年から塾でスタートを、と考えているなら、今からRISUで算数をやっておくことを、本当にオススメします!!

なぜなら。

塾では、算数は毎日やるものです。
そして、毎日プリントが出ると思います。

それをいかに真面目にこなすかが受験を分けます!
まじです!

男子はもちろんですが、女子も算数の力は必要です。

逆に言いますと、算数の力が合否を分けます。

トラジャ

まじで算数で決まるんです!!

特に男子は、算数ができないと、本当に上位校に受かりません。
無理です。マジです。

そして女子。
算数ができたら、ぐっと合格が近づきます!

トラジャ

女子は、算数の定着に時間がかかる傾向があります!!!
だから、早く始めるのが大事!!!
焦らずじっくり楽しめないと『算数きらい!』になっちゃう(泣)

力が入りました…ハイ。

なぜかというと、兄2人の同級生達を見てきたからです。
うまく、算数を伸ばせずに、つらい思いをした姿を見てきたからです。

一様に言いました。

『算数が、できなかった。』

うちの子は言いました。

『算数、楽勝だった。』

本当に、算数が、合否を分けるんです。

あ、でも、力んで言うのはここまでにしますね(*^_^*)

RISU算数を4年の夏にやり込んだ娘は『算数すきー♡』といいながら新5年より中学受験塾に通っています。
成績はそこそこ^^;ですが、『嫌い』→『好きー♡』だけで十分です♪

嫌いでなければ、毎日の算数の課題も苦ではありません。
苦でなければ、おいおい実力はついてくるもの、と楽観しています!

☆新学期応援キャンペーン中☆RISU公式ページはこちら

RISU算数、どんなものか見てみないと分かりませんよね?

どんな画面なのか少しお見せします。

↓スペシャル問題

↑お、このくらいなら楽勝♪

↓応用ステージ5 インド式暗算術C-1

↑これ解けました??
私は理解するのにちょっと時間がかかりました!!

学年別学習ではないのがRISU算数の特徴

RISU算数は学年別、ではありません。
その子の算数力に合わせた問題から、あとはどんどんレベルを上げていく仕組み。

なので、自分のレベルを偽らなくてもいいし、できないところからちゃんとやり直すこともできます。

好きな分野からどんどん進めていくことができるのも魅力。
だって、得意な分野をがんがん進められたほうが楽しいでしょ??

そうやって、好きな分野だけやっていたら、苦手な分野はなおざりになってしまうのでは・・・?

あなた

トラジャ

それが、得意分野をとことんやると何故かほかも伸びるんですよねー!!

☆新学期応援キャンペーン中☆RISU公式ページはこちら

RISU算数のタブレットを与えてから1ヶ月後。
うちの娘は、『なんか私最近、算数得意かも~♪』と友達に言っていたそうで^^;
単純なのは女子も男子も関係ないのかもしれませんね(笑)