【ネタバレなし!】リアル謎解きゲーム・IN横浜駅をやってきた!【横浜駅SF】

リアル謎解きゲームというのをご存知でしょうか?

謎解き✕リアル✕ゲーム

実際に、現地に赴き、あるきまわって何かしらのヒントを探して謎を解く。

そこに行かないとわからないものや事などを使って謎を解いていく。

仲間と協力して、謎を解いていく。

簡単にいうと、『脱出ゲーム』のアプリを実際にやる!という感じです。

今日は、この謎解きゲームについて、実際にやってきた感想とやり方などについて話したいと思います。

最後にネタバレ・・・はしません!!!

実際にやってみるのが一番楽しいから!

スマホを使って連動

本しかなかったら、家に居ながらにしてでもやれたかもしれない。

しかし、スマホと連動させることで、そこに行かないとQRコードが読めず、先に進めない。

そして当然、現地に行かないと、その臨場感が味わえないのだから・・・。

いくつかのパネルがあり、そこに行かないとできないことも用意されていた。

一応ネタバレ禁止なので詳しく書くことができない!!もどかしい!

友達や家族など小さなグループで楽しさが増す!

今回はグループで誘った友達と自分の子どもを連れてやってみた。

これが大正解!

自分だけでは到底解けなかったと思う。

意味がわからず????となる横でサクサク問題をといてくれる仲間がいると「おおー!!」ってなるし、たのしい!

いろんな目標物を見つけるのも目の数がたくさんあればたやすいだろう。

元になった小説【マンガ】がある。

今回の横浜駅SF謎には原作がある。

↑こちらは小説。

↓こちらはマンガ

実は、こちらを読んでから参加すると更におもしろいことがあったそうだ。

というのも、作中に登場する”あること”などは、今回の謎解きとも関連してくるのだ。

気になったら是非手にとって読んでもらいたい。

そして、ぜひ、「横浜駅SF謎」にチャレンジ!!

横浜駅SF謎を遊ぶためには何が必要なの?

この謎解きゲームをするためには、横浜駅ダイヤモンド地下街の有隣堂へ行く必要がある。

ここでしか、このリーフレットを購入することができないからだ。

有隣堂¥1296円

そして、この有隣堂で買ってリーフレットのQRコードを読み込めばゲームがスタートする。

そうそう、スマホが必要だ。

スマホがないとゲームを楽しむことはできない。

そのスマホには、標準的なカメラ機能がないと辛いかもしれない。

所要時間はどのくらい?

仲間と集合したのが11時。

そこからスタートし、昼食を挟んで終了したのが14:30だった。

ざっと3時間半。

のんびりペースだからこんなものだろうか。

ゲームの難易度は?

中くらいであろうか。

少し難しいと感じても、ヒントを見ることができるので、解けないことはないだろう。

横浜駅地下にいる人に、聞いてもいいのか?

そこでお店をやっている人や、案内の人、駅員さんに聞いても「???」となるだけだ。

有隣堂の店員さんも、リーフレットは売っているが、謎解きゲームについてはなんの返事もしてくれない。

迷惑になるので、謎について尋ねるのはやめよう!

また、どうしても解けないと思っても、スマホの中にヒントがあるのでそこを読めばわかるはずだ!

一つ一つよく読んでいこう!

リーフレットの中身の秘密

リーフレットの中身にはいらないものは一つもないのだ。

勝手にいらないものとしないで、当日は中身すべてを持っていこう!

最後に

リアル謎解きゲームをやってみたのは初めてだったのだけど、とても楽しかった!!

またやりたい

横浜駅有隣堂¥1620

新しく発売されたミライ物語はみなとみらい地区が舞台だ。

次はこれだ!

ではまた。

トラジャでした(ΦωΦ)/