【ハンドクラフト】お手玉(俵型)

こんにちは。ハンクラ部のトラジャです。

娘が学校で『むかしあそび』を勉強しているらしく、お手玉を持っていないか聞かれました。
私が小学生の頃、やはり、むかしのあそびを勉強したことがあり、おばあちゃんが作ってくれたのを思い出しました。

おばあちゃんの作ってくれたお手玉は、長方形の布を4枚合わせる方法でした。
私の中でお手玉といえばコレなのですが、前にどこかで見た俵型がかわいかったので、
今回はコチラを作ることに決定!

では早速作ってみましょう!

お手玉・俵型(5個)の作り方。

お手玉にする布を用意します。和柄だと雰囲気UP(*^-^*)

10cm×17cmの大きさにカットします。5つ1セットで作るので、5枚分用意します。

中表に半分に折りたたみ、小豆入れ口を残して赤線のようにL字型に縫います。縫い代は5mm。手縫いでも、ミシンでも、簡単なほうで。

小豆50g計測しておきます。角をしっかり出して裏返し、小豆を50g入れます。

あき口を縫い代5mm内側に畳み込み、くける。またはまつります。
難しい場合はぐし縫いでも可。

 

角Aと角Bをあわせて縫いとめます。赤線のようにV字にぬうと綺麗。
色糸を使うとより美しくなりますね。


反対側も同じように縫いとめます。

出来上がると四角くなります。

完成(*^-^*)

さて、できたのは良いけれど、肝心のお手玉あそびができない(;・∀・)
5つ作ったけど、2個をまわすのが限度のトラジャでした(*^-゚)v see you ♪