【おかんチューバーへの道!】おかん、ゲーム実況はじめるってよ!【初日】

おかん、ユーチューバーになることにしました。

ゲーム実況です。
そして、日記風に記録していくことにしました。

毎日、今日何をやったか、どうなったか、など記録していきたいと思います。

初日。決意と意地。

なぜ、突然ゲーム実況なのか説明する。

あ、ここからはただの記録になるので、ですます調はやめやめ。

適当に書く。

なぜ、突然ゲーム実況なのか。

単純に、売り言葉に買い言葉、だ。

意味分かんないと思う。いや誰と?喧嘩したん?なんでゲーム実況なん??

私だってわからない。

経緯をまとめる。

それは息子との進路に関するディスカッションがきっかけだった。

息子は高3だ。

世間では、大学受験に必死になって勉強している時期だ。

だが、息子は勉強しない。
この5年間、全く勉強していない。

何度学校から電話がかかってきたことか。
何度3社面談で詰問したか・・・。

「大学に行きたいんなら勉強しないと合格できないよ?」

ごくごく当たりまえのことなんだけど。
いや、大学に行く気がないならそれでいいんだ。

うちは大学に行かなきゃならない、なんて一度も言ったことはない。
進学に関しては、自分で決めろ、と言ってある。

大学に行く利点、得られる未来。
大学に行かない利点、得られる未来。

どちらについても、説明してきた。
自分で説明もさせた。

どうしても必要ならば塾という選択肢をこちらに打診してもいい、とも言ってきた。
どうしても行きたい大学があるのならば、相談してほしいとも言ってきた。

もしかしたら、親のそのさしでた態度が彼の心を閉ざしたのかもしれないし、
思い悩むことで体に変調をきたしてしまったのかもしれない。

わからないけれど、放任はできなかった。
自立を促してこなかった親が悪いと言われればぐうの音も出ない。
関わりすぎたのか?
声をかけすぎたのか?
そもそも中学受験させたことが間違っていたというのか?

もういまさら考えても仕方ない。

実際にいま息子は3日に1回しか学校へ行かない。
週末1日だけ塾へ通うことにしたが、それも行っていない。

朝になると、ひどい腹痛に襲われ起きられないのだ。

それは、仮病の域を超えてしまった。
最初は学校に行きたくない、その思いが軽い腹痛となって現れていたように思う。
数日休めば回復する、というものを繰り返していた。

今年の春。
とうとう、それは急性胃腸炎という形で親子に突きつけられた。
1週間の入院。

点滴による絶食、投薬。

息子はケロッとしていたが、心の中はわかるはずもない。

息子の真意が知りたい。

体を治すことに専念するのか、だましだまし勉強に打ち込むのか。

もう何度目になるだろう。

親子会議をした。

「あなたは何がしたいの?」

それに答えない息子。

「大学に行きたいの?それはなぜ?」

だんまりを通す。

「体の不調は何が原因か、検討はついているの?」

答えない。身体をかきむしるだけだ。

どうしたいのか、どうなりたいのか。

親にはいいたくないのか、言わずに時間を過ごすつもりなのか。

何もしない!しようとしない!言わない!態度で表さない!

そんな問答を続けているうち、なにかが切れた。

そんなんやったら、ゲーム実況者になったるわ!

なぜその言葉になったか、ちょっと思い出せない。

多分、どんな未来でもあるだろう、とか、何でもできるやん?とか、
あんたはまだ17歳なんやから、やりたいこと全部やったらいい、とか、
ゲームが好きなら極めて見ろ、とか、戦艦好きなら本物見てこい、とか・・・。

とにかく思いつくことすべて言ったと思う。
それにいちいち、できない理由を並べやがるから、きれた、のだと思う。

ムカついた。
こんな言い方よくないと思うのだけど、ムカついたのだ。

思いつきで言ったしまったのだけど、撤回なんてしたくない。

意地でもゲーム実況者になったるわ!!

というわけで、今日はこれからどうやったらゲーム実況者になれるのか調べることにした。

そう簡単ではないような気がする・・・。

ま、楽しそうだから、やってみよう、と思う。

乞うご期待。

えっ、できない方に3000ルピー?

賭けの対象にするでない!!

→→→to be continued(ジョジョ風で)

【おかんチューバーへの道】ゲーム実況者にはどうやってなれるの?必要なものって?【2日目】