【ボードゲーム】FLUSS PIRATEN(川の海賊)

こんにちは!ボードゲーム部のトラジャです。

今回は、お手軽・簡単・短時間のゲーム『FLUSS PIRATEN(川の海賊)』を紹介します。

FLUSS PIRATEN(川の海賊)はどんなゲーム?

簡単に説明すると、宝箱をたくさん集めた人が勝ち、という単純なゲームです。

ルールもとても簡単。

Coin dozerをやった事がある人なら仕組みは簡単にわかりますね。

えーっと、よくゲームセンターにある、コインを落として、手前に押出で落とすゲームです。
あれ、何ていうのかわかりませんけど。

基本情報

タイトル:FLUSS PIRATEN(川の海賊)・邦題:宝の滝
作者:Gunter Baars
人数:2~5人
対象年齢:5才以上
発売年:2004年ドイツ

入っているもの

箱も使います。

セット方法

まず、台になる部品を入れます。

矢印の部分が溝になっているので、箱に引っ掛けて、台を斜めになるようにセットします。

木のバーを図のように置き、水のコインを並べていきます。

並べたら、宝箱をセット。
白い宝箱は、木のバーの付近(上流)に置きます。

バーを矢印の方向に動かして、一度余分なコインを落とします。
この時に落ちた宝箱は再びセットします。

木のバーをもとに戻したら準備完了。

遊び方

年齢の若い順に進めます。

1・サイコロ(1・2・3・X)を振ります。
2・でた目の数のコインを置きます。Xのときはパスになります。
3・バーを動かして、宝箱が落ちたら、その宝箱は右隣の人がGETします!
4・すべての宝箱がおちたら終了。合計点の多い人の勝ち。

緑1点
黃2点
赤3点
白4点

動画で見てみよう!

小さい子でも大人でも意外と楽しめるのがこの宝の滝です。

なかなか手に入れることはむつかしいかもしれませんが、こんなボードゲームもたまにはおもしろいのではないでしょうか。

トラジャでした。