【ボードゲーム】頭の良くなるパズル『Easy Cube』が意外と難しい!

こんにちは!ボードゲーム部のトラジャです。

今日は、小さいお子様にピッタリのパズルゲームを紹介します!

その名も「Easy Cube」

小学5年生になれば、立体の問題もでてきますね。
お受験を考えておられるご家庭なら、こういう、立体問題、図形問題は必須です。
苦手意識を持つ前に、「遊び」として体験しておくのは、本当に大切です。

Easy Cubeってどんなゲーム?

EasyCubeは学研からでている知育玩具です。

Mattixと同じ会社の知育玩具シリーズですね。
このシリーズは、かなりよく出来ているのでどれを買ってもおすすめです。

Mattix(マティックス)記事はこちら→ボードゲームは楽しい!マティックス-Mattix-

セット内容

  • 説明書
  • カード17枚
  • ピース7個
  • 専用ケース

遊び方

ブロックをくっつけて色んな形にしていくのが目的です。

特にしばりなどないので、好きに遊べばいいんですが・・・。

せっかくカードが入っていますので、Q1から初めて難易度を進めていきます。

色ごとに難易度が設定されています。

Level Basic ・・・黄緑  ~Q17
Level 1  ・・・黄色 ~Q24
Level 2  ・・・水色 ~Q30
Level 3  ・・・ピンク ~Q36
Level 4  ・・・オレンジ ~Q42
Level Final     ・・・むらさき ~Q48

どんな感じですすめるの?

すごく簡単。
カードに書いてあるように形を完成させるだけ。


例えばこれ。

1枚で、Q11~Q14までがこの1枚にまとまっています。
小さいものは、すべてのピースを使用しなかったり、形によっては答えが何通りもあります。
この情報は全てカードに書かれています。

やってみましょう。

Q11

簡単ですね。

Q12

楽勝。別回答も。

Q12は回答が11通りあります。

Q13


これも簡単ですね。

Q13は33通りの回答があります。

Q14

 

4通り作ってみました。
Q14 は34通り作れるようです。

こんな感じでどんどん作ればいいのですね。

子どもはあっという間に作ってしまう。

レベル3くらいまでは、小学生なら簡単に作ってしまいます。
パズル好きな子なら幼稚園でもぱっぱと作ってしまう。

実は親のほうが悩んだりするのがこのパズル。

さて、そんな簡単じゃつまらない子用に、レベル4とファイナルレベルはあります。

レベル4からは立体が登場。

大人でも少し時間がかかります。

ここからは、低学年だと苦労するようです。

そんなに簡単に全部できちゃーかないませんよね。

Level Finalは強敵!

ファイナルのレベルです。

大人でもすごく時間がかかります。

そして、最終問題。

一度は出来たのですが、再現できませんでした^^;

うーん、ここにバシッ!と出来たもの載せたかった!!

総括

結構はまるこのパズル。

実は第二弾が出ています。
※クリックするとAmazonに飛びます。

2つを使うと更に難しいパズルに挑戦できるのです。

パズル好きにはたまらないこのパズル。

大人もハマっちゃいますよ!!

大変だ大変だ!!今はこれ、もうないらしい・・・。

レビューを書いたら、買えるところを出すのが親切だろうと思ったら、
今は、新しい名前ででていました。
※クリックするとAmazonに飛びます。

こちらは、ピンクが今日紹介したEasyCubeと同じもの、ブルーが2になります。

どちらも、問題が追加されているので、お得ですね!

そして、HPに行くと更に問題がダウンロードできるのです!!
↓詳しくはこちらのサイト↓
学研WEB CUBE

ぜひ、お子さんと遊んでみてくださいね!

トラジャでした!