【首都圏:受験本番1日目!】邂逅:兄の受験1日目記録…。~あと367日~

今日から首都圏の中学受験【東京・神奈川】が開始です。

来年のシミュレーションをしながらお受験ツイートやアメブロなんかを読んでます。

さて。

そんな中学受験。

兄2人で経験済みです。

まぁ、今年、来年について何の参考にもなりませんが、自分の記憶がまだあるうちにちょっと記録しておこうと思います。

【兄1♂】神奈川・中学受験1日目の記録

寒かったけれど、いい天気そんな1日目でした。

兄1は1日目を逗子開成に設定。

当日の付添は父。

私は弟・妹と留守番です。

付き添っていないのでなんともいえませんが、本人はいたって通常通りでした。

逗子開成には首都圏模試で何度か足を運んでいたこともあり、不安は少なかったかと思います。

逗子開成の試験が終わり、最寄りの駅まで戻った兄1は昼ごはんのラーメンを食べて塾へ。

様子も普通であまり緊張しているようには見えませんでした。

夕方までリラックスして過ごしたとのこと。

夜は早く寝て、2日目に備えました。

逗子開成の合格発表は翌日10時。考えても仕方ないのです。

兄2♂東京・中学受験1日目

兄に対して、弟は1日校をチャレンジ校として、東京の私立を受けました。

兄2の付添はすべて私が請け負いました。

東京への受験ということもあり、私のプレッシャーもそれなりに大きかった。

1日目どこを受けるかは、ギリギリまで調整していたため、私はこの学校の説明会に行っていなかったのです。

願書の受付日が初登校。こんな学校か、と初めて校舎を見回しました。

その上、書類不備でその日の午後もう一度学校へ行き、更に後日もう一度学校へ行くという失態を犯したのですが、それはまた別の話。

とにかく学校へは2度しか行ったことがなく、当日ぶっつけ本番での朝登校は極めて無謀と思われました。

何よりも朝8時までに学校に無事到着できるのか。

それと、この年は雪が降った年であったため、雪の対策も必要であったのです。

そこで私がとったのは、1週間前に当日のスケジュールで学校まで行ってみる、というもの。

うちは横浜市ですので、スタンダードなルートを確認し、朝6時に駅を出発しました。

乗り換えの改札口、更に乗り換えのホームの位置、到着ホームを確認し、車両はどこに乗るとよいのか確認。

更に、3本の電車をやり過ごして、どのくらいの込み具合かを確認しました。

そのあと、学校までの徒歩時間。ルート確認。

まだやることがありました。

ギリギリの時間に到着はとてもじゃないけど怖いので、7時に最寄り駅に到着する電車を選んだのですが、そこから開門時間まで時間を潰せそうな場所の物色をしました。

朝の7時に開いているカフェを探し出して、実際に行ってみます。

そこで実際にモーニングを食べて、更に時間になったら、歩いて学校までの距離と時間を確認。

よくもまぁ、徹底してここまでできたな。じぶんで感心するわ。

そう、そのくらい怖かったのです。

これで朝のラッシュに巻き込まれないように学校まで行く方法もわかったし、時間も潰せそうだし、なんとかなりそう、と思ったので大事な作業でした。

当日はよきせぬことが起こるもの。

1日目当日。

忘れもしません。

最寄りの駅までなんとか到着した私と息子。

この待ち時間を利用して、朝ごはんを食べさせるつもりだったのです。

が。

まさかの電車酔い。

「気持ち悪い・・・」とカフェで突っ伏してしまう息子が目の前にいました。

どうしようどうしよう・・・!!!

でも私が動揺するわけには行きません。

カフェは暖かく、お腹が冷えてしまう心配もなかったのは幸いでした。

この店を確保していなかったら、近くの公園で座る以外方法はなかったでしょう。息子の体は冷え切ってしまって・・・ぎゃあああ!こわっ!

ともかく、温かいカフェで体調が戻るまでうたた寝させていました。

幸い私の薬ポーチの中に「ナウゼリン」があった(奇跡!)ので飲ませることができました。

カフェを出る頃にはなんとか行けそうなくらいには回復。良かった。そうか、電車に酔うのか。びっくりしました。

その学校は午後までかかります。息子はお弁当持参。私はコンビニで買ってきて、講堂でサクッと食べました。

意外と講堂で待つ方は少ない印象でした。

15時頃かな、解散して出てきた息子をひっ捕まえて、早足で駅に向かいます。

そう。

午後受験に行くからです。

その足で、電車に乗り、北鎌倉へ。

鎌倉学園の午後受験へ行きました。

鎌倉学園の午後受験は算数1課で受けさせてくれる上に、時間も3段階の設定があり、東京から返ってからでも十分に間に合いました。

また、鎌倉学園は兄1のときにも受けていたので、道順や勝手がわかっていたのも大きい。

18時の回の試験を受けたのですが、1時間ほどであっさりでてきました。

この日はその足で塾により、先生に報告をした上で帰宅しました。

1日校の発表はまだ。

鎌学の発表は翌日。

1日目は、とにかく、こなして、寝る。それだけでした。

算数1課試験というとてもありがたい形式

塾でみっちり算数をやり、それなりにスピードと正解を出せるこであれば、算数1課試験はとてもありがたいです。

負担が少なく、確実に合格をもらえるのです。

合格をもって、3日目を迎えられるのは本当にありがたいものです。

1日から始まって、もしかしたら5日目まで・・・。

完走できることが一番大事。

そしてやるからには、合格がほしい!!

今日受験されているすべての受験生に幸あれ!!!!!

算数の大事さを実感しているからこそのおすすめRISU算数

小学校低学年から、いや、ようちえんから!

算数が遊びになる、ってとっても大事です。

いろいろな教材試しましたが、算数ならこれ以上のものはないです。

RISU算数が1週間お試しできる特典付き申し込みページはこちら

詳しい説明はこちらの記事から↓↓↓

【新学年前に!】『さんすうきらい』から『さんすう面白い!』に変わる!RISU算数の凄さ

ではまた明日。