中学受験(首都圏)いよいよスタート!

うちには、中学受験を終えた現在大学1年生♂、中学2年生♂そして、現在小学5年生♀がいる。

いよいよ、2020年、中学受験が始まる。

2月1日は、首都圏の中学受験スタート日なのだ。

娘はまだあと1年ある。

が。

365日(366日)なのだ。

明日から、毎日日記してみるかな。

そんな娘はもう夢の中だ。

来年の今日、果たして私は眠れるのだろうか。

塾は今、試験休み中。その間やること

娘の塾は当然だか受験生以外は通塾することができない。

その間にやるのは、地道な勉強である。

そして、塾というのはよくできていて、この貴重な長い休みを使ってやることは『覚えもの』

試験期間が終わり、新小6の通塾が始まる日、テストが行われる。

理科と社会の記憶問題のテスト。

2週間近い休みの間に今までの知識問題の総復習をするのだ。

このテストの結果が新クラスに影響するのは当然のことなのだ。

現在娘のクラスは、

算数4くみ

国語3くみ

りか3くみ

社会3くみ。

算数だけ、どうしても上のクラスに上がれない。

理社も、ギリギリレベル。

ここでどうにか挽回したいものだ。

兄2人の経験上、6年になってからクラスが上がっていくことはほぼない。

特に女子は下剋上がないと言ってもいいから、新6年でのスタートがとても大事なのだ。

理科と社会は、記憶の問題は真面目に繰り返す以外ない。

頑張れ・父さん。(私はノータッチ)

算数のクラスが上がらないわけ

先日、塾のプリントをやる娘を見て驚愕した。

図形の問題を解くのに、色ペンを使ってちんたら色分けしているのだ。

これでは、スピードが出ない。

そりゃあ、理解するにはビジュアルはとても大事だとは思うのだけれど、自分の娘がこれほど理解できていないことにただただ驚いた。

クラスが上がらないわけだ・・・。

どうしたらいいのだ。

というわけで、最近サボり気味だったRISUを机の上に放置しておいた。

息抜きにスキな問題を説いてくれたらいいなぁ。と思いつつ。

RISUの何がすごいかは、この記事読んでみて。

↓↓↓

【新学年前に!】『さんすうきらい』から『さんすう面白い!』に変わる!RISU算数の凄さ

それではまた明日。

RISU算数が1週間お試しできる特典付き申し込みページはこちら