Warning: Use of undefined constant ‘RELOCATE’ - assumed '‘RELOCATE’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/torajan/toraja.site/public_html/wp-config.php on line 95
【中学受験】受験には算数の力が絶対必要。RISU算数をおすすめする訳。~あと350日 | トラジャのとにかくやってみよう!

【中学受験】受験には算数の力が絶対必要。RISU算数をおすすめする訳。~あと350日

ドラゴン桜は言わずとしれた東大合学のためのバイブルだ。
絵がヘタだとか内容が破天荒すぎるとかそんなことはどうでも良くて、大事なのは、書いてあることをすべて実行・達成すれば間違いなく東大に合格できるだろう、ということ。
本当にこの本は衝撃的だった。
自分が高校のときに読みたかった。
心からそう思ったのだ。
現在ドラゴン桜2が連載中だ。
かつての生徒だった水野が、今度は先生になっている。
最初の頃から随分時間が経っている。
ドラゴン桜2は現代の事情に合わせたものになっているのだ。
例えばスマホの活用、YouTubeやTwitterの活用なんかも作中で紹介されている。
で、今回のテーマは、算数だ。
地頭の良い子、数学で東大受験に立ち向かうには圧倒的な計算力が必要、という話だった。
高校で数学ができない、という言の背景には、算数での計算力が関係している、というのだ。
漫画の中では、小学2年生のさんすうが大事、としている。
足し算引き算100問のプリントを3分で計算ミスなしに解く。
この特訓をしているのだ。
これは影山先生の100ます計算を徹底的にさせるのと似ている、と思った。
100ます計算はそんなに好きではないが、あれは、ゲームとして楽しむにはとてもいい。
小学生には丁度いいゲームだよな、という認識だったが、役に立つらしい。
計算力はないとだめだ。
塾に通うようになって痛切に感じたのは、受験は算数で決まる、ということだ。
国語がそこそこ得意でも、社会理科の知識問題がいつも満点!でも、太刀打ちできないゾーンがある。
ソレが、算数ゾーン。
算数の力はつまり、論理的思考だ。
だいたい、中学受験で欲しい人材ってなんだよ?
東大に合格できるくらい優秀な子?
ソレって結局どんな子?
暗記完璧にできる子??
計算がいつも完璧にできる子?
違うよね。
その先にあるものを持っている(かもしれない)子がほしいんだよ。
言い切れるの?って言われるかもしれないけど、多分そう。
私が経営者だったら、そういう子がほしいから。
その先にあるものって何?ってなると、論理的に思考できる子や発想力のある子、独特の世界観を体現している子、などのいわゆる個性的な子になるのだろう。
そんな子を中学受験で発見するのは困難で、だけど、勉強だけを詰め込んだ子なんていらない。
(いらないわけじゃないと思うけど。暗記力も力だし。学校によるかな。)
そういうものを見るときに基準となるのが、算数の力だと思うのだ。
☆算数の問題って、解いたことありますか?☆
受験生の親御さんなら愚問でしょうが、私は実際にやってみるまであんなに複雑で高度なことをしていると思っていませんでした。
小学校で習う算数の知識を使って解くはずなのに、そのレベルを遥かに超えたものを使わなくては解けない。
力技で、時間をかければできるけど、これを試験という限られた時間内でやる、ということに、意味があるのだ。
限られた短い時間で大量のしかも単純には解けない問題を得には、コーディネイト力がいるのだ。
制限時間内で試験問題を解ききるために必要なもの
試験問題をざっと見て把握する力
大まかに時間配分する力
解ける問題から解いていく、その制御力
決めた時間内に解けなければ次に行く勇気
これを小学6年生がやるのだ。
私に今これができているか聞かれたら「いいえ」と答えるよ。
これほど「選抜」という意味がピタリと来るものはないだろう。
もちろん、国語や理科や社会にだって同じ事は言える。
しかし、算数だけは異次元だよな、と子供の問題をこっそり解いてみて思うのだ。
単純な計算をきっちりやる、というのは、その基礎の基礎で、ここができてないとお話にならない。
足し算引き算が十分にできることって、思っている以上に大事なのだ。
そんなわけで、小学生低学年の親御さんで中学受験を考えているのなら、RISU算数をおすすめする。
RISU算数だけやっとけば中学受験楽よ!なんて言えない。
でも、算数なら、誰にも負けないよ!って気持ちを早いうちから持っているのといないのとでは天と地ほどの差があるのは事実だ。
そして、高学年になって、なんだかちょっと難しいと感じたときに「なぜ詰まってしまったのか」がよく分かるのがRISUなのだ。
詰まってしまった原因は低学年時の算数の習熟が原因であることが多いのに、そこにたどり着けず、よしんばわかっていたとしてもそんな低学年にもどって、足し算引き算をやり直すなんて小学生といえどプライドが許さないのだ。
いや、小学生だからこそ、プライドが許さないのかもしれない。
これを、本人が気が付かないうちに解決してくれるRISU算数はなかなか使えるやつなのだ。
しかも算数好きになってしまうから不思議。
そんなRISU算数の回し者になってますけど、塾に通う前に、ちょっとやってみたら良いのにな、って心から思うのです。
ほんと、算数ができる、ってだけで偏差値上がるからね。