合格速報チラシについて思うこと。実録中学受験~あと356日

この時期になると、塾からチラシが出始める。
合格速報だったり、地域別速報だったりするわけだが、娘の塾ではある一日だけの新聞折込広告がある。
塾の宣伝のためのものであるが、これにはフルネーム+合格学校が記載されている。
もちろん事前に名前を載せていいかの確認があるのだが、載せたくないとするより、載せてもOKとするご家庭のほうが多いのである。
これは、実際に載せてみてわかったのだが、大変な効果がある。
というのも、私ぐらいのコミュ障になると、同級生のお母さんへの根回しとか無理なのだ!
自分から言うこともできない、誰かが聞いてくれたら言うことができるのに、というジレンマを抱えてしまう。
その点、名前がしっかり載っているから見る人は見る。
そして拡散してくれるのである。
ありがたいね!コミュ力高いお母さん!
そうすると、卒業式前の保護者会では私が言わなくても皆さん知っている状態に。
ありがたいよぉー!
とまぁ、ここからは本音?の部分。
自分の子が頑張って合格したことを見て見て!
という気持ちがすごくある。
そしてこのチラシ、知り合いから頂いた上で実家にお送りするのだ。
義実家にはなかなか帰省できない分、こういう楽しませ方しかできないのだけれど。
孫の名前が載っていること、喜んでくれると嬉しいよな。
私も嬉しい。
というわけで。
今年は知っている子は居ないのだけど、名前を見るのがとても楽しみなのでした。

今日の娘。

3月の音楽教室のミニコンサートの練習をバリバリにやる。
なんだか気合が入ってるわ〜。
そして、少しずつ読書のスピードが上がってきていることを実感する。
いいことだ。
この調子でどんどん本を楽しんでほしいと思う!