Warning: Use of undefined constant ‘RELOCATE’ - assumed '‘RELOCATE’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/torajan/toraja.site/public_html/wp-config.php on line 95
【中学受験】公立中高一貫校を受けようと思ったら~あと358日 | トラジャのとにかくやってみよう!

【中学受験】公立中高一貫校を受けようと思ったら~あと358日

新小6がスタートした。

もう、1年を切ってしまった。

そんなこと言ってても仕方ないのだが。

今日は、公立中高一貫校の受験を考えているなら、という話をしようと思う。

うちは兄2人共に公立の中高一貫校を受験した。

娘が受験するのかはまだ決めてないのだが、(多分受けない)今日は公立だからこそ必要な調査書について。

私立の受験と違って、公立の受験には調査書が必要である。

(うちは神奈川なので神奈川の事例で書いていくが、詳しくは地元で、志望校の受験要項で確認すると確実です。)

調査書の中身については、志望校により様々なのだが、多くの場合、5年・6年の成績表送ることになる。

これは、自分の子が通う小学校へ、個別にお願いする必要があることを知って置かなければならない。

大体が、受験要項の配布される11月~12月の間になる。

小学校に調査書を頼む場合、とても時間がかかる事が多い。1ヶ月かかると思っておいたほうが良い。

調査書は、12月に封緘をして渡される。

これを、1月の受験申込時に同封するのだ。

もちろん開封したら無効である。時々、お子さんへ持たせたりしてしまううっかり小学校だったりすると、うっかり子供が開けてしまう、なんてハプニングがかならずあるんだとか。親は真っ青だよね。

その時期になると、手慣れた小学校では、「取りに来てください」というお知らせが親に来る。

そして、学校に指定された日時に取りに行くのだ。これが一番安全だ。

どんなに忙しくても、親がやるべきことというのはある。

中学校受験は、子供の受験だけど、ほとんどが親なのだから。

この調査書。

5年と6年の成績表っって???となるよね。

横浜の場合は2学期制なので、5年後期・6年前期の成績表を、換算表により変換して、評定を出すそうだ。

つまり、5年生の成績超重要!

ちょっとまって!

だからって、5年生になってから頑張ろうって思ったお母さん!それムリだから!

成績表、最近は絶対評価だが、2だった成績はいきなり4や5になったりしない。

成績というのは、大体において、「全開の成績から±1」である、というのが私の持論である。

つまり、5年後期で4545454545にしておきたかったら、その前からグリグリ上げておかないといけないのだ。

ちなみに・・・。

公立中高一貫校を受験する子供というのは「ほぼ5」でくるからね。

そして、この調査書、一体どこで使われるのでしょうか。

使い方は色々あるんでしょうが、うちの兄2人が受験した学校では、合格ラインギリギリの子たちを比べる場合に使用するらしい、ということが囁かれています。

圧倒的に試験の成績がいい子は、調査書なんてかんけーねーのかもしれませんね。

(そう言えば、うちの兄ふたりとも、成績表を塾に持っていったら、先生がこめかみ抑えてました汗)

ただね、調査書の評定がパーフェクトの子、その子が本当にほしい生徒?というのはまた別のお話ですね。

調査書ってねー。

なんだか不透明だよね。

そんなのより、一発実力で!!っていうほうが清々しいのに!と思うのでした。

今日の娘。

ドキドキの新6年クラスは・・・。

とりあえず国語は1組だた!よかった!

中学受験は算数が命!遊びながら算数が得意になっちゃう?!おすすめ記事!

↓この記事も人気です。