【ボードゲーム】南フランスの騎士時代を楽しむ『カルカソンヌ・Carcassonne』

[aside type=”sky”]こんにちは!ボードゲーム部のトラジャです。

個人的にとっても好きなボードゲームを紹介します!

それが『カルカソンヌ』

このゲームは、小さい子から大人まで楽しめるとっても簡単なルールにもかかわらず、結構深い戦略性があるゲームです。

何と言っても、モノポリーのような難しいお金の計算とかがないのがいいですね!

一応推奨は10才以上ですが、小学校1年生からでも十分に遊べます。

基本情報

タイトル:Carcassonne(カルカソンヌ)
作者:Klaus-Jurgen Werde
人数:2~5人
対象年齢:10才以上
所要時間:約30分
発売年:2001年ドイツ(2001年ゲームオブザイヤー受賞作品)

ゲームの概要

南フランスの都市カルカソンヌはローマ人と騎士の時代、比類のない要塞芸術の都市として有名でした。
プレイヤーは、配下のものをカルカソンヌ周辺の道路や都市、修道院や草原に送り込んで、自分の運を試します。
地域の発展はあなたの手にゆだねられ、成功するためには、盗賊、騎士、建築士、修道僧をうまく使えるかどうかにかかっています。

~解説書より。

遊び方

内容物の紹介

 

説明書(ドイツ語・日本語)
タイル 72枚(うち1枚はスタートタイル)
ボード 1枚
コマ(騎士・盗賊・修道士・建築士いずれかの役割になる)各色8個
インフォメーションカード

準備

タイルの裏は上のようになっていて、1枚だけ色の違うタイルがあります。
これがスタートタイルです。

↑スタートタイル。
残りのタイルをシャッフルし、3つの山に伏せて分けます。


今回は3人で遊びます。
好きな色の人形コマを分け、1つはボードに配置します。
このボードは得点ボードになっています。

遊び方

一番若いプレイヤーから時計回りに進みます。
得点板においたコマいがはストックとして手元に置きます。

自分のターンでやること

  1. タイルを1枚引きます。
  2. 各プレーヤーにタイルを見せた上で配置します。各プレイヤーはこの時『助言』することが出来ます。
  3. 引いたタイルは、すでにあるタイルに必ず隣接して配置しなければなりません。この時、隣接する草原、道路、都市がつながるように置くこと。どうしても隣接できない場合、そのタイルは除外し、タイルを引き直します。
  4. タイルを置いたら、そのタイルにのみ、配下のコマを置くことが出来ます。この時置けるのは1個のコマのみ。ストックからのみ配置できます。また、タイルのどこに置くかは、このターンのみ決めることが出来ます。あとで変更はできません。
  5. コマを置く場合の注意:置きたいエリアの範囲に、他のコマ(自分のものも含む)があってはいけません。※1
  6. 確定作業がない場合はここでターン終了です。※2

※1・コマの配置について

コマの配置によって、得点が変わってくるのがこのカルカソンヌの肝ですが、
配置の仕方にルールがあります。
パターン1

黃プレイヤーが、このタイルを置きます。
この時、コマを配置できるのは3ヶ所。

この2つは置くことが出来ます。

ここには、隣接している都市に赤いコマが配置されているので置くことが出来ません。

パターン2

次の場合はどうでしょうか?

この場合、どちらの草原にもコマが配置されているので置くことは出来ません。
この時におけるのは、道路か都市になります。

※2 確定作業について。

都市、道路、修道院が完成すると、ポイント計算をして、得点板のコマを進めます。
この時、確定したエリアにあったコマはストックに戻ります。
確定作業の例

1・道路
都市と都市、町と修道院など、道が繋がったら確定します。
道が敷かれているタイル×1点になります。


↑この場合は3点


↑この場合もループしていますが、道が閉じています。4点。
2・都市

都市の場合は、城壁により、エリアが閉じれば確定になります。

閉じたエリアのタイル×2点です。
しかし、紋章のマークがあるタイルはそれだけで2点になります。
この場合は、タイル2点×4枚+ボーナス2点で10点になります。


例外として、このような綴じ方の場合のみ、2点になります。

☆都市エリアに2プレイヤー以上が混在している場合。

この場合は、確定した都市に多くコマを置いているプレーヤーの得点になります。
同じ数の場合は、それぞれに得点が入ります。
この場合は赤のみ得点。

道路も同じです。

3・修道院

修道院のタイルは8方を囲んだ時点で確定になります。
9ポイントの得点になります。

確定したら、得点板の駒を進めます。

このように進めていきます。
草原の得点だけは、ゲーム終了後に計算します。

ストックのコマについて

ストックのコマがなくなったらもう配置することはできなくなるのですが、
確定作業をすることで、コマが戻ってきます。
うまく、確定することが勝利のコツです。

しかし、草原に配置すると、コマは終了まで返ってこないので、草原に配置しすぎると、コマがなくなってしまうのですね。

うまく配置することが必要です。

終了時の得点計算について

終了時の得点計算は、確定していない、都市、道路、修道院、草原について行います。

草原は最後に計算します。
まずは、道路、都市、修道院です。

コマを配置している関連のものについて、1タイル1点として計算します。
紋章は+1点になります。

  1. 赤は未完成の都市から5点です。紋章も1点になります。
  2. 黄色は未完成道路から4点。
  3. 赤は、未完成道路から2点。
  4. 黄色は、未完成修道院から4点。

草原の計算

5・草原ですが、草原は、完成した都市に隣接している場合のみ、
1都市につき3点。
この場合は、赤黒、それぞれ3点です。
この時、配置指定ある多さで負けることはありません。
しかし、同じエリアに2個配置されていれば3×コマの数の特典になります。

勝敗の決め方

得点板により、一番コマを進めたプレイヤーの勝利になります。

50点を超えると、もとに戻り、2巡目に突入します。

楽しそう!
と思っていただけたら成功です(*˘︶˘*).。.:*♡

トラジャでした(*^^*)