携帯電話(ガラケー)をスマホに替えるぞ!!!

スマホにあこがれているトラジャです。

突然思い立ったわけじゃないんです。
前からその思いは抱いていたわけで。

こんなことや

こんなことや!

こんなおしゃれな写真なんかも!!撮ってみたいわぁ!!

そうはいってもコストがネック。

そう。コストと必要性が見合わなかったため、GOサインが出ないでいました。
ここにきて、やっといろんな条件が合い、GOサインをうちの大蔵省からいただきました。
(古い言い方だなぁ、今どきはどんな風に表現するんだ?)←これはいつか検証しましょうか^_^;

さて。

いま、決断、遅すぎない?って思いました?

ハイ、そのとおり!

だって、各社が『1括0円』だの『現金キャッシュバック』だのを3/31に終了しているんですものね。
そのうえ、5日にドコモとソフトバンクへの通達があったりして、とてもじゃないけど、消費者のお得感はなくなっています。

今までは安かったんだ。

スマホの月々の料金は・・・すごいですね。
現在のガラケー代金は使っても2000円程度。
息子にも同じガラケーを持たせていますが、使わない、そもそも学校にもっていっているのかも怪しい状態でしたので、
基本料金のみの請求でした。

また、学割キャンペーンの利用で、基本料金無料だったのかな?
3月までの毎月の請求は二人で3000円程度!(息子は700~900円/月)

ここからのスマホ変更はハードル高すぎだった、というのはわかっていただけたでしょうか?

しかし、ついに必要性という宝のカギを入手した!!

どう必要か、なぜ必要かを、数日に渡り、うちの大蔵省様(だから古・・・)に直訴しました。
そうしたらなんと、
『そこまで欲しいんならいいんじゃない。必要なのはよくわかった。』と♪やったー!!

いざ!携帯カウンターへ。

とにかく、まずは聞いてみよう!という事で横浜駅にある大きな家電量販店へ。
なんとなく、乗り換えの方がお得なのよね?との勘で、ソフトバンクのお兄さんを捕まえて見積もりを出してもらいます。

次々に聞かれる質問と、どんどんひかれていく料金。

ワタシ:『えっ、こんなに安くなるの???ホントに?』

お兄さん:『ハイ!ただし・・・

そうですよね、そうきますよね。

お兄さん:『まずは、おうちのインターネットをフレッツ光に替えてもらってー』

ワタシ:『あ、うちフレッツ光です。』

お兄さん:『じゃあ、大丈夫ですねー、これが引かれますー』

ワタシ:『へー・・・。』

お兄さん:『あと、学割とー、〇〇割とー、△△割が引かれてー』

ワタシ:『へー・・・。』

お兄さん:『これがあーなってこーなってこうなんで!!!どうでしょう!!』

ワタシ:『(なにがどうなったのか全く分かりません。)・・・4000円弱なら出せるんじゃないかな?』

ワタシ:『えーとー、この値段だったら毎月出せない金額じゃないですね!でも、今日は一人で来たのでとりあえず持ち帰ります。』

お兄さん:『わかりましたー!!でも、ここに書いた〇〇割や△△割は明日には終わっちゃうかもしれないってことだけ覚えといくださいねー!あと、お子さんと健康保険証をお持ちください~♪』
息子、モノ扱いか(;^ω^)

本当はもっと丁寧に説明してくださってます。
ですが、記憶に残ったのはこの程度の会話と詳しく書いてくれた紙。

なんとなくいい感触だったので、ウキウキしながら電車に乗ります。

ついに、私もこんなことができるのね!

 

なんて妄想しながら。

立ちはだかる大蔵省の壁

持ち帰った紙をウキウキと見せます。
もう、ボール持って帰ってきたワンコ状態です、きっと。
(どう?どう?いい感じでしょ??いいかな?いいかなー??(*’ω’*)ワフワフ)

大蔵省:『うーん、このフレッツ光割、どういう説明だった?』

ワタシ:『え?』

大蔵省:『たぶんソフトバンク光に変えてってことなんじゃないかと思うんだけど。』

ワタシ:『は?プロバイダーの変更?そんなこといってなかったよぉー・・・』(尻尾がまかれていく)

大蔵省:『あと、モスって何?』

ワタシ:『ああ!それはモスバーガー割やって!!(*’ω’*)』(しっぽフリフリ)

大蔵省:『は?なんやそれ(笑)本当にこの値段なら(フレッツ割を差し引いても)いいんじゃない?』

ワタシ:『そう?そう?んっじゃ、予約番号っていうやつとってみるね!!解約期間かどうかの確認できるんだって!!』しっぽふりきれー!!

115『はい・・・・・・・解約期間がいつであるかの確認ですね?・・・・・・16年の10,11月ですね!』

ワタシ:『!!!!!!』

ワタシ:『えっと、この携帯買ったの3月だったんですけど・・・えっと、機種変できるの4月っていうようなこと、前に聞いたんですけど・・・・』

115『携帯購入後の解除できる期間と、キャリアー移動時の解約期間は違います!』

ワタシ:『はっ、そ、そうですか。あ、ありがとうございました・・・』(~_~)

大蔵省:『どうしたの?』

ワタシ:『解約違約金がかるって・・・』

大蔵省:『そっか。』

なんだかもう、おわったな・・・って気分だったんです。

とにかく、その日はふて寝することにしました。

まさにまっしろになったトラジャでした((+_+))

⇒あきらめない!あきらめないのよぉぉぉ(ー_ー)!!